朗読と対話・喜びの仲間 紹介文

2013年11月16日

nophoto.jpg

長年、県立図書館で視覚障害者を対象に対面朗読を経験してきた者たちから、視覚障害者のみならず、寝たきりの病者、視力減少者、歩行困難者の方々に自分たちから出かけて行って、対面朗読ならびに自由な対話のボランティアをしようと立ち上げたサークル。

 

総メンバーは16名だが、いろいろなボランティア活動に従事していることもあって、常時、すぐに出動できるのは65歳から後期高齢者2名を含む6名。いずれも元気な顔触れ。